もっと見る

さて、Fruit Fieldsの移植はひと段落してエミュレータでは遊んでいるのですが、実機ではどうだろうと思い、実機でやってみようと。
だが、それには二点クリアすべき問題点が。
1. コンポジット出力の青抜け問題
2. CMTインターフェイス経由でのロードに成功しない問題

圧倒的なふわふわ泡の 。キャンペーン4日目は11/20 23:59まで @famima_now t.co/pWY2paNhML

圧倒的なふわふわ泡の 。キャンペーン3日目は11/19 23:59まで @famima_now t.co/pWY2pavGVd

絞りは二枚羽?というかL字型の絞り羽根が四角い穴を広げて絞りを調節するタイプ。この辺りは廉価に自動絞りを実現している。ハーフだしパンフォーカスだし、ボケの美しさとか関係ないだろうということでもあるんだろう。

それでもPEN-EE3はわたしの死蔵品であるPEN-SやPEN-Dなどと違い、裏蓋はヒンジで開くタイプだし、フィルムメータはカウントアップ式で、かなりモダンなスタイルになっている。ハーフなことと、フォルム以外はPENとしてのアイデンティティが薄まってきていた時期か?

ISO100にすると晴れた昼間の屋外でないとまず切れない。常に露出アンダーな感じw
ISO400にすれば、蛍光灯の下でも切れる。つまりは常用したいならISO400のフィルム買えってことだな。
そして、ISO400が設定上限なのが時代を感じさせる。

PEN-EE3はフィルムのISO値を設定したら、もう後は被写体に向けて切るだけ。露出は自動。ピントはパンフォーカス。まあ、絞りがある分ましな写ルンですといった感じの使い勝手。但し露出がアンダーだったりオーバーだったりするとシャッターが切れない。強引に切れる写ルンですよりある意味シビア。

娘がフィルムカメラに興味を示していたので、所有している Olympus PENどもを並べて見せたが「露出とか面倒くさい」といわれて、却下された。息子が代わりに食いついて、PEN-Dを持って行ってフィルム入れてた。なお、今になってPEN EE-3が出てきた。これなら露出もピントも不要だったのにな。

積みガンプラが届いたばかりだというのに「あなたへお勧め」という口車に乗って、Beyond Global版 G-3ガンダムを注文してしまった_| ̄|○

積みガンプラキタ!
キャノン積んでるのにロケットバズーカ装備って!
t.co/6Q4LK5AkzK t.co/U3rHiSa3Ia

DAAとか、昔は「何に使うんだよ」とか思っていたけれど、二けた程度の数値を変換するのには確かに便利だわ。

頑張って、分岐とかなくして、DAA連発して、それなりに満足いく速度になった。やっぱりここがネックだった。
AND 0FHでHFが立つのは気づかなかった。なんで6ずれるのかなあと結構悩んだよ。。。

なので、せっせとDAAを使って書き直した。数値は、ステージ番号(00-99)と、フルーツ数(論理的には最大159)なので、場合によっては100を超えるところがちょっとネック。
スペックとしては、Aレジスタの数字を、Aレジスタに4bitずつ二けたの10進数にして返す。100超えてる場合はCFが立つというもの。

ここ、ステージ番号と残フルーツ数を表示するんだけれど、二回数値の文字変換をしている。オリジナルのロジックをそのまま持ってきていたけれど、見れば見るほど面倒くさい処理をしていて遅そう。

Fruits Fieldsが動くようになったのでぼちぼち遊んでみているが、どうにも、遅い。デモは結構早く動いているので、違うとしたらキーを拾うところか、ステータスの表示をしている部分。キーはウェイトを0にしているので、削れないので、ありうるのはステータス。

もっと見る
WildTree

特別なテーマがない汎用インスタンスです。