やべえ。これを見る前に今夜はおでんだと決めて、昼におでんを仕込んでしまった。なんか、見透かされているようだ(^^;;

「週末はおでん日和」 ウェザーニューズ、天気予報データから“おでん指数”を算出 - ITmedia NEWS t.co/XuZDuTVSTa

PICだとえらい簡単になるな。IC一個で済むし。まあ、出力を調整するための抵抗、ボリュームなどは変わらないけれど。

元々の回路がTTLロジックで組んであったけれど、よく考えればPIC一個でできるような気がしてきたw
GPIOの出力はH/Lの二値しかないけれど、入力に切り替えると肺インピーダンスになるって書いてあるからTri-stateできるよね。。。

オレ史上最高得点で四口応募!
あたらないけどなー!
t.co/gyvZqDXSqP

最初適当に並べたら15cmx7cmくらいになってやりなおした。
だって、Elecrowに出すなら10cmx10cmに収めないと高くなっちゃうから。
10cmx7cmに詰め込みなおしましたw
……既にやり直しが発生しているw

KiCadで図面引っ張ってレイアウト作るのと、手配線とどっちが根気がいるのか微妙なところだが、CADの上なら何度でも納得いくまで簡単にやり直せるので、わたし向き。
手配線を納得いくまで直し続けるとか無理w
大体、14pinのIC6つもあるし、8pinと15pinのコネクタもいるし、手配線はしんどそうだ。

てことで、部品が揃ったら回路を組んで、VGA出力ができるかどうか遊んでみる予定。まあ、動かなくても、コンポジット出力があるから遊ぶのには困らないのだけれどね。

ユニバーサル基板に部品を並べて手で配線するのもいいんだけれど、もうそんな根気がなくなってきているので、KiCadで回路図引いて、PCBを Elecrowに発注した。10枚基板ができてくるけれど作るのは一枚だw

DIN8 pinの入力を DSUB15の出力に渡すわけだけれど、DSUB15メスの基板直付けコネクタはすぐに見つかったけれど、DIN8 pinのは見つからない。
とりあえず、まあ、PC-6001側はケーブルを直付けしてDIN 8pinソケットを生やせばいいか。

74LS02とか74LS08とかよくある奴はすぐに見つけたのだが、3 state buffer 74LS125が見つからない。いってみればこいつが肝なのに。
(Zステートの時に、半分の信号を出すように回路が組まれている)
うろうろして、ようやく秋月で相当品を見つけて、確保した。

で、コンポジットで遊ぶのはいいんだが、ふらふらあちこち覗いて遊んでいたら、PC-6001mkIIのRGBをアナログRGBにぶっこむ回路を見つけた。
TTLロジックを駆使して、デジタルをアナログ信号に変換しているのだが、これなら自分で作れそうだなと部品を探しにウェブサーフィンを……

勿論、PasocomMiniとか、Raspberry PiとかPC Engine Miniとか、まあそういったものでも遊べるわけだし、なんならPCの小さなサブモニターとして使ってもいい。

PC-6001mkIIの実機で気軽に遊ぶにはモニターがいるよな、ということで、コンポジット VGA HDMIがついて、USB給電でドライブできる液晶モニタを買った。

もっと見る
WildTree

特別なテーマがない汎用インスタンスです。